知らないと怖い!カーブによる死角の恐ろしさ

クルマの運転でカーブが苦手という人は少なくありません。確かに、曲がるときは細心の注意が必要になってきます。左折について考えてみると、まず自転車やバイクを巻き込まないように注意が必要になります。左後方は死角になり、サイドミラーに映らないことがあるからです。教習所では目で後方をしっかり確かめてからハンドルを切るようにならいますよね。また、歩行者にも注意しなければなりません。特に自転車は早いので、あっと言う間にクルマの目の前を通り過ぎることもあります。さらに内輪と後輪には差が生じます。運転に慣れていないと、余裕を持って曲がったつもりでも、角に乗り上げてしまったりすることがあります。

右折に関しては、さらに注意が必要です。前方から走ってくるクルマと歩行者の両方に注意を払わなければなりません。前方のクルマばかりに気をとられてアクセルを踏み込むと、歩行者にぶつかりそうになったという経験のある方は少なくないことでしょう。雨が降る日は特に見えにくいので注意が必要です。曲道が続くような峠でも、前方から来るクルマが見えないことが多いので、スピードを出さず、ゆっくり走ることが大切です。時々、車線をはみ出して曲がるクルマがありますが、たいへん危険です。

コメントは受け付けていません。