死角と運転

安全運転の為にも意識すべきなのが死角です。運転席から見えない部分がいくつかありますが、見えない部分に対していかに気を配るかによって安全運転ができるかどうかが左右されるのです。
気を付けるべきポイントとして、まず車に乗り込む際に周囲を確認する事が大切と言えます。例えば車の陰に子供が隠れている場合、運転席からは確認できませんので、気付かずに発進する事で重大な事故に繋がってしまいます。そのような事故を防ぐ為にも、車に乗り込む際には事前に後ろや車の下などを確認した方が安心です。
運転中も注意すべきシーンがありますが、まず車線変更を行う時です。車線変更をする際にはルームミラーやサイドミラーをチェックしますが、ミラーを確認しただけでは斜め後ろにいる車を発見する事はできません。斜め後ろにいる車を発見する為には目視を行う必要がありますので、必ず自分自身の目で直接確認をしてから車線変更を行うようにしましょう。
左折を行う際にも同様のチェックが必要です。後ろから歩行者や自転車、バイクなどが来る事がありますが、ミラーに映らない事があります。きちんと確認してから左折をしないと巻き込む恐れがありますので、目視をしっかりと行ってから左折を行う必要があります。

コメントは受け付けていません。