交通違反や事故を起こす運転者について研究開発されたものとは

公道において、オートバイを含む全ての自動車を運転している限り、常に事故のリスクは抱えているものです。
そしてこのリスクは、どんな運転者にも同じ様に背負っているため、運転技術の向上や周囲への注意を怠らないなどの努力によって、この被害から逃れることやリスクを低減しようと考えるのは当然の事です。
しかし、どれほど上手な運転技術を保持していたとしても、また、周到に注意を払っていたとしても事故や違反を繰り返してしまう人がいます。
そのような人達は、相対的に似通った性格を持っていることが考えられ、技術や知識と言ってものをどれほど習得したとしても、また、肉体的にはなにも問題がなかったとしても同じような事を繰り返してしまう人がいることも確かなのです。
そのために研究開発されたものの一つに適正診断と言うものが有ります。
この適正テストは、免許取得の際には勿論、繰り返し交通違反や事故を引き起こしている人を対象に行われ、個々の性格や性質、更には行動パターンなどを明らかにする事によって、運転時に注意してもらう事を目的としています。
その診断結果によって、運転免許が交付されないと言った事は無いのですが、あくまでも注意喚起のために行われている事なので、診断結果に一喜一憂することなく真摯に受け止め、以後の運転に役立てる事が必要なのです。

コメントは受け付けていません。